マルチテナンシーは、ソフトウェア アプリケーションの単一インスタンスが複数の顧客にサービスを提供するソフトウェア アーキテクチャです。この用語は、ソフトウェア プログラムの単一インスタンスを使用して複数の顧客にサービスを提供するクラウド コンピューティングに関して最も一般的に使用されます。各顧客はテナントと呼ばれ、アプリケーションの独自の分離されたセグメントが割り当てられます。

マルチテナンシーは、リソースの共有と拡張性の向上を可能にするため、クラウド コンピューティングの顧客にとって有利です。これは、顧客が必要なサービスに対してのみ料金を支払うことができ、シングルテナント アーキテクチャの制限に制約されないことを意味します。すべての顧客にサービスを提供するためにソフトウェア アプリケーションの同じインスタンスが使用されるため、通常、メンテナンスと更新はシングル テナント アーキテクチャよりも高速かつ効率的です。

クラウド コンピューティングに加えて、マルチテナントはソフトウェア アプリケーション、Web 開発フレームワーク、その他のソフトウェア アーキテクチャでも使用できます。たとえば、Web 開発フレームワークは、複数のテナントが同じアプリケーション インスタンスを使用できるように設計できます。これにより、迅速な開発と容易なスケーリングが可能になります。

マルチテナントを使用する場合、企業は各テナントにファイアウォール、ユーザー認証、データ暗号化などの適切なセキュリティ対策が施されていることを確認する必要があります。また、企業は、テナントが共有リソースにアクセスして使用する方法を概説する明確なテナント ポリシーを持っていることを確認する必要があります。最後に、構成ミスやセキュリティの脆弱性により、マルチテナント アーキテクチャ全体が攻撃にさらされる可能性があるため、企業はクラウド インフラストラクチャが適切に維持および監視されていることを確認する必要があります。

プロキシの選択と購入

データセンター・プロキシ

プロキシのローテーション

UDPプロキシ

世界中の10,000以上の顧客から信頼されています

代理顧客
代理顧客
代理顧客 flowch.ai
代理顧客
代理顧客
代理顧客